GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

しゃくれ顎の治し方。スプーンでセルフケア編。マッサージと併用しても効果大!

しゃくれ顎の治し方。スプーンでセルフケア編。マッサージと併用しても効果大!

顎がしゃくれていることにコンプレックスを持っている人は世の中に多くいます。

実は、この記事を書いている私も前々から自分自身の顎が少し気になっています…。

でも、今回はしゃくれ顎を治す方法を見つけたのでシェアしますね。

実は、調べてみるとしゃくれはさまざまな方法で治すことができるようです。

しゃくれを治すためには、マッサージや筋肉トレーニングなどを行い、結局は顎をどうにかして矯正する必要があります。

今回は、そんな顎矯正を自宅にあるスプーンを使ってセルフケアする方法を紹介します。

病院に行く必要もなく、高額な費用を支払うこともなく、自宅でこっそりと気になるしゃくれ顎治すことができたら本当に嬉しいですよね。


Sponsored Links

本当にスプーンでしゃくれが治るの?

この方法を見つけたときは確かに半信半疑でした。

しかし、その方法を確認すると確かに理に適っていることがわかります。

しゃくれを治すためには顎を矯正しないといけませんがこの方法なら確かに可能です。

即効性を求める場合は手術しかありませんが、時間をかけてでも少しづつ治していきたいという人にはオススメです。

実際に効果を実感している人も多いようです。

そもそも、生まれつき顎がしゃくれている人はいないようです。

誰もが成長の段階で、何らかの原因がもとで顎がしゃくれていっているそうです。

なので理論的には、矯正することにより元通りの顎の形に戻すことが可能ということです。

それではさっそくその方法を紹介していきます。

スプーンを使ったしゃくれの治し方

スプーンを使ったしゃくれの治し方

スプーンを使った矯正方法はとても簡単です。

①スプーンの裏側を上の歯の裏側に当てます。
②テコの原理で下顎を押します。
③これを何度も繰り返します。

行うことはたったこれだけです。

「こんなので効果があるの?」と思った人もいるかもしれませんが効果はあります。

もちろん、1回行ったからといってすぐに変化が表れるわけではありません。

しゃくれ改善に関わらずですが、筋肉や骨など人体の矯正には時間がかかります。

歯の矯正などの際も、数年の間 矯正器具をつけている人を見たことがあると思います。

矯正とはそうゆうものです。

でも、ほとんどの人が効果を実感しないまま途中でやめてしまいます。

これは本当にもったいないことです。

実際に続けた人だけが効果を実感しています。

これは全てに言えることですね。

この方法は1日に何回やればいいという決まりはありません。

できるのであれば1日中やったほうが効果が表れるのが早いことは間違いありません。

しかし、そんなことは不可能なので1日30分や空いた時間を見つけて実践してほしいと思います。

顎がしゃくれるのは生活習慣が原因かも?

顎がしゃくれるのは生活習慣が原因かも

前述したように生まれつき顎がしゃくれている人はいないようです。

さらに、しゃくれている人とそうでない人の顎の骨の長さや骨格にはさほど違いがないそうです。

よって顎の骨が尖っているわけではなく、生活習慣によって関節が固まってしまったことが原因のようです。

この原因はさまざまで食べ方、しゃべり方、寝方などによって形成されるようです。

子供のころの生活習慣は特に影響するようです。

毎日同じ方の奥歯で物を噛み続けたり、うつ伏せで寝る癖がある子どもは注意が必要です。

また、大人になってもこのような癖がある人は気をつけたほうがよいでしょう。

両方の歯で噛むことを心がけたり、仰向けで寝ることで多少は進行を止めることができるかもしれません。


Sponsored Links

スプーンで効果を感じることができない人はマッサージも併用

スプーンで効果を感じることができない人はこちら

スプーンによる矯正は継続することで間違いなく効果を実感することができます。

しかし、途中でめげたりすることもあるかもしれません。

確かに時間はかかりますし、終わりが見えるものではないですからね。

そんな時は諦めずに他の方法を試してみましょう。

絶対にしゃくれを治したいという人のためにその他の矯正方法も紹介しておきます。

顎マッサージ

固まった骨格の筋肉を緩めるための顎マッサージも効果があります。

耳の下から顎先にかけてのリンパをマッサージしてあげてください。

筋肉が緩み、顎関節の位置が変わりやすくなります。

マッサージのあとにスプーン矯正をすることで効果が倍増します。

マウスピース矯正

こちらは歯医者でおこなうマウスピースを使った矯正方法です。

しかしこちらは時間がかかる上に数年したらまた噛み合わせが悪くなるといったこともあるようです。

根本的な改善にはつながらないといわれています。

見た目も気になる人が多いのではないかと思います。

シリコンプラテーゼ

こちらは口の中からメスを入れてシリコンを挿入し、理想的な骨格を形成する方法です。

美容整形の一種です。

半永久的な効果は見込むことができます。

しかし、治療費は30万円~40万ほどが相場となっています。

まずはスプーン矯正から始めてみませんか?

このようにしゃくれを治す方法はスプーン以外にもありますが、それも時間やお金がかかります。

気になるという方はまず、スプーン矯正やあごマッサージから始めてみてはいかがでしょうか。

継続して続けたけどき期待する効果が見込めなかった場合は別の方法を試してみるとよいのではないでしょうか。

自分でしゃくれを治そうと思ったらまずは継続することです。

是非、一度効果が表れるまで試してみてはいかがでしょうか。


Sponsored Links
Return Top