GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

乳幼児との旅行はいつから?オススメの持ち物や荷物まで徹底解説!

乳幼児との旅行はいつから?オススメの持ち物や荷物まで徹底解説!

お子さんが生まれてからママはとても大忙しです。

夜の授乳や、お宮参り、3か月健診に5か月健診、何度も行うおむつ替えに、離乳食の準備、夜泣きの対応、予防接種、などなど息つく暇もありません。

乳幼児期の子育ては、やりがいはあるものも、実施はハードな面が多く、精神的にも肉体的にもホッとする安息な日を過ごしたいもの。

そんなときに世にいるママさん達はこう思うはず。

「旅行にでも行って、リフレッシュしたい!」

でもそんな時誰もが疑問に思うはずです。

いつから旅行にいっていいのか?

赤ちゃんは外出先でどう対処すればいいの?

どんな荷物が必要なの??

持ち物はどこまで細かく確認すればいいの?

旅行先で離乳食の準備は?

温泉には入っていいの??

そんな疑問を大解決!

持ち物の準備や様々な疑問に対して、初めての乳幼児との旅行を検討しているママさん達へアドバイスしていきたいと思います。


Sponsored Links

乳幼児との旅行はいつから大丈夫なのか?

乳幼児との旅行はいつから大丈夫なのか?

一般的にはお宮参り後の生後1か月から徐々に乳幼児の外出を増やしているママさんは結構いらっしゃるのではないでしょうか?

一般的には、3か月を目安に徐々に外の散歩を増やしているようです。

しかし3か月とはいえ、生まれて間もない為、外出も人込みは避けるようにして注意しながら外出を増やしているようです。

小児科の先生などは赤ちゃんの首がしっかりと座ってきたら旅行は大丈夫とアドバイスしているところが多いようです。

基準としては、生後5か月ぐらいから旅行などの遠出は検討してもよいかと思います。

なので生後5か月以降であれば、乳幼児との遠出旅行は検討してもよいと思いますが、その他の大事なポイントとしては、赤ちゃんの生活リズムとママさんの体調が良好になり始めた時期がベストと思います。

いきなりの旅行は大変ですので、日帰り旅行から少しづつ慣らしていくのがとても良いと思います。

荷物はなにを持っていくべきか?

基本的には、紙おむつ、粉ミルク、粉ミルク用のお湯を入れる水筒、着替え、離乳食用スプーンに、離乳食、お気に入りのおもちゃなどを普段の外出の際に使用する量の倍以上を持っていくことをオススメします。

また、旅行先にて、乳幼児の体調不良など小児科への受診にも備えて母子手帳と保険証を持参することを忘れない様にして下さい。

とにかくいつも以上の量にはなると思いますが、あまり荷物を増やしたくない、離乳食や持ち物にこだわりがないという方は、現地での調達でもよいと思います。

旅行先現地のコンビニなどにも、粉ミルクや紙おむつは売られていますし、離乳食についても、赤ちゃん大歓迎なウエルカム宿が有ります。

そういう宿には、赤ちゃんお風呂セットのタオルやおもちゃ、そして離乳食プランも用意されていますので、リフレッシュの意味も含めて軽い気持ちで、荷物もそこまで考慮せずに行っても大丈夫です。


Sponsored Links

旅行先までのオススメ移動手段

旅行先までのオススメ移動手段

実際の旅行先までは、どのような手段でいくのがベストか?

これは乳幼児がいる奥さんや旦那さんの価値観によると思いますが、車を交通手段としている家庭が多いようです。

車のメリットとしては

・周囲への気遣いがないため、ママさんが精神的に楽
・車での移動の為、臨機応変力があり、柔軟な行先転換が可能
・子供が車での揺れで寝やすく、夫婦の空間、時間を確保できる

などが挙げられます。

ただし、ママさんもパパさんもお互いリフレッシュしたいなどの価値観であれば周りへの配慮も考えた座席選びが必要となってきますが、運転疲れがない電車での移動もオススメです。

車での長時間運転は、肉体的、精神的疲労がどうしても来るためそういう場合は電車がベストです。

宿選びで得をする

荷物や移動手段について、見てきましたが、最後は宿選びです。

ここでもオススメ宿は以下のようになります。

①部屋食事が朝・夕と可能な宿
②貸切風呂がある宿
③離乳食など食事の配慮がある宿
④赤ちゃん大歓迎な宿

要は、ママさんが周囲へのストレスを感じさせない乳幼児に配慮ある宿を上記ポイントに絞って選ぶのが楽しい旅行へと繋がると思います。

このような宿選びをするときっと楽しい旅行になりますよ。

ぜひ、いい宿を探して家族での旅や旅行を楽しんでください。


Sponsored Links
Return Top