GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

お一人様老後貯蓄の必要額と40代からの投資。

お一人様老後貯蓄の必要額と40代からの投資。

最近は生活の多様化も進み、おひとりさまで老後を迎えるという選択をされる方も増えてきています。

この「おひとりさま」という言葉はもともとは女性がひとりでもライフプランを確立したり、自身のプライベートを充実させるといった意味があります。

しかし、最近は男女関係なくさまざまな場所でおひとりさまという言葉が使われています。

ひとりで老後を迎えるとしたら気になるのは貯蓄です。

日常生活の不自由は家族がいれば支えてくれると思いますが、ひとりで迎える老後には不自由はお金である程度解決していく必要があります。

40代から始める老後に必要な貯蓄の額、そのための貯蓄や投資の方法についてご紹介していきましょう。


Sponsored Links

老後貯蓄の必要額

おひとりさまが1ヶ月生活するのに必要な額は持ち家で15万円、賃貸で20万円といわれております。

無収入になる65歳から90歳までの生活費は賃貸の方で

20万円×12ヶ月×25年=6000万円

ただし公的年金が65才から支給されると考え平均13万円とします。

13万円×12ヶ月×25年=3900万円

賃貸の方だと65歳までに2100万円の貯蓄が最低でも必要だと思われます。

それに年金支給年齢の引き上げや支給額の引き下げなども危惧されておりますから、最低でこれだけの額は必要だということは覚えておいてください。

40代からはじめる貯蓄や投資

40代からはじめる貯蓄や投資

40歳から毎月100万円の貯金をしていけば、61歳には2100万円に貯蓄は達成できることになります。

毎月100万円の貯金は難しいかもしれませんが、大切なのは考え方です。

せっかく時間をかけて貯蓄をしていくのですから、時間のバイアスをうまく利用して運用していく方法について考えてみたいと思います。

銀行預金

銀行にお金を預けると元本に対して一定の利子が付与されます。

ただし現在の超低金利時代では、期待できるほどに利子はつかないのが現実です。

10年ものの定期預金で今はだいたい0.2%前後、つまり100万円預けても年に2000円しかつかないということです。

ただし元本1000万円までは国が元本を保障してくれるという安心があります。

投資信託

投資信託とは、投資家から比較的小口の資金を集めた上で、それを国内外の有価証券、金融商品に投資し、得られた利益を投資家に還元する形態の商品のことです。

メリットは銀行預金よりも大きなリターンを得られる可能性があることです。

株式、最近の上昇相場では貯蓄を増やすのに非常に有効な手段です。

デメリットは預金とは違い元本に対して一切の保障がありません。

相場の下降局面では投資資金が目減りするというリスクがあります。

全部が銀行預金では大きなリターンは望めませんが、資金の一部に投資信託を組み込むことで一定のリスクに抑えながら、ある程度のリターンを狙っていくことができます。

メインバンクのファイナンシャルプランナーにご自身のライフスタイルに合わせて積極的に相談してみましょう。


Sponsored Links

株式投資

株式とは、企業が発行した株(券)のことをいいます。

企業は会社を設立するときなどに、一定の資金が必要になります。

株式を発行し市場で販売することにより投資家から必要な資金を調達しています。

メリットは私たちは将来その会社の将来性を期待して株式を購入し、将来その会社が業績を伸ばしたときに株式を売却することで、大きな売却益を得ることができる可能性があります。

デメリットは、会社の事業が思うようにいかなかったとき、購入した株式の市場での価格が落ちるというリスクがあります。

一般的に投資信託よりもハイリスク、ハイリターンであるといわれております。

外貨預金

米ドルやヨーロッパのユーロなど外国通貨建てで預けられた預金のことです。

預金の種類は、自国通貨建ての預金と同様に,当座・普通・通知・定期などがあります。

メリットは、国内預金よりも大きな利息を期待することができます。

デメリットは円の価値が上がったときに預けていた外貨の価値が相対的に下がるというリスクがあります。

お一人様で老後を過ごすには?

お一人様で老後を過ごすには?

1980年代のバブル世代に働き盛りであった方は、銀行や郵便局にお金を預けていれば10年で倍近くに増えたという時代もありました。

しかし今は国の施策でマイナス金利まで適用されようという時代です。

その時々の状況に合わせて柔軟にお金の預け方、増やし方について今一度考えていく必要があります。

ひとりで考えることもしながら、お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)にご相談をすることをお勧めいたします。

この記事があなたの老後のお金の増やし方について再考するきっかけになれたらと思います。


Sponsored Links
Return Top