GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

『女子でも大好きドラマ』下町ロケットにはモデル企業【三菱重工】とモデル弁護士【鮫島正洋氏】が存在した!

『女子でも大好きドラマ』下町ロケットにはモデル企業【三菱重工】とモデル弁護士【鮫島正洋氏】が存在した!

池井戸潤さんの作品で直木賞も受賞した大作「下町ロケット」。

下町ロケットには、企業や弁護士、銀行など様々なモデルが存在しており、リアリティ追及が素晴らしいです。

池井戸潤さんと言えば、女子も男子もみんなが好きな小説を原作とするドラマを生み出していて、特に【池井戸潤×日曜劇場】では、これまでに「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」、2015年10月からは「下町ロケット」と大作が放映されています。

【代表的な池井戸潤 ドラマ作品】

下町ロケット
半沢直樹
ルーズヴェルト・ゲーム
ようこそ、わが家へ
花咲舞が黙ってない
民王

恐らくこの記事を読んでいるドラマ好きな人も上記の作品のいずれかは楽しんで観たのではないでしょうか。

ちなみにGJewel編集部でも池井戸潤作品は大人気でつい最近まであってた民王は夜残業で遅くなった時に全員ワイワイお酒を飲みながら観たりしてました。

当然ながら、2015年10月から放送される阿部寛さん主演の下町ロケットも今から楽しみです。

下町ロケットは以前にWOWOWでも三上博さん主演で放送されていて、そちらを見た人は大まかなあらすじはご存じかもしれませんが、TBS曰く今回の下町ロケットはまた一味違う面白さがあるとのことなので、原作や前作を知っていても楽しめそうです。


Sponsored Links

下町ロケットのモデル企業や団体

下町ロケットは、池井戸潤さん作品の中でもリアリティが追及されており、登場する企業や団体に現実世界のモデルが存在します。

ただし、阿部寛さん演じる主人公の佃航平の会社「佃製作所」だけは特定のモデルが存在しないようで、ごく普通の下町にある技術力の高い中小企業をモデルとしているそうです。

この部分については、池井戸潤さん自身も記者会見で語っています。

なお、各企業や団体のモデルは以下の様に予測されています。

■佃製作所を特許買収しようとする企業「帝国企業」のモデル
→ 日本を代表する大企業【三菱重工】

■佃製作所が開発したロケット技術に大きく関わる団体「宇宙科学開発機構」のモデル
→ 日本唯一の巨大宇宙関連組織【JAXA(宇宙航空研究開発機構)】

■佃製作所のメインバンクで融資打ち切りという厳しい判断をする「白水銀行」
→ 池井戸潤さんの以前の勤務先【三菱(UFJ)銀行】


Sponsored Links

下町ロケットの超重要弁護士「神谷修一」にもモデルが存在する

そして、下町ロケットの第2の主人公とも言える佃製作所の特許戦争を弁護士として戦う人間性の高い弁護士「神谷修一」のモデルとなっているのが、弁護士の鮫島正洋先生です。

鮫島正洋さんは実在する現役の弁護士で、実際に企業の特許問題などを多く扱う弁護士先生で、すごく実力のある方です。

池井戸潤さんとは元々 友人の友人同士だったようで、ある飲み会で知り合った後に直接の飲み友達となったそうです。

下町ロケットのモデル出演については予め知らされていたわけではないらしく、池井戸潤さんが「特許訴訟を題材にした作品を作りたいから教えて欲しい」と言ったのが始まりで、鮫島弁護士の事務所で特許についての講義をしたのがモデルとなった所以だそうです。

鮫島正洋さんは、大学卒業後ストレートに弁護士になった方ではなく、元々は理系出身で企業(IBM)に勤めながら法律の世界を学んだ超異色な存在。

現在も下町ロケットでのキャラと同じく、日本の中小企業の特許戦争を助けるために活躍されています。

池井戸潤さんは元々コンサルトとしても活躍されていた方で、様々なキャリアを持つ鮫島正洋先生とのコラボした作品が楽しくないわけがありませんね。

上記の動画は、美波はなさんという方の「あの人の夢の種」というインタビュー形式の動画で、2話に渡って鮫島正洋さんをインタビューされています。

鮫島正洋弁護士のお話しを聞いた上で、下町ロケットをみるとさらに面白さが増すこと間違いなしなのでお時間がある方は是非ご覧になってみてください!

美波はなさんのインタビューもすごく上手くて見ていて楽しいですよ!


Sponsored Links

Return Top