GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

朝が弱い人の特徴と原因は?改善対策5つのコツ!

朝が弱い人の特徴と原因は?改善対策5つのコツ!

朝が弱い人というと低血圧というイメージがありませんか?

低血圧を理由に朝が弱いと言う人が周りにも結構いるのではないでしょうか。

実際は低血圧だけが理由ではありません。

朝スマホのアラームが鳴りつづけてもなかなか起きれないですよね。

朝が弱いと感じているあなたに、ぜひ読んでいただきいと思います。

ここでは低血圧だけでない原因と理由を紹介していきたいと思います。


Sponsored Links

朝が弱い人の特徴と原因

朝が弱い人の特徴と原因

朝が弱い人の特徴として寝不足や生活リズムが悪く就寝起床時間が一定でないことがあげられます。

また、夜遅くまでテレビやスマホを見て12時以降も起きている人が多いです。

まれに夜勤の方もいますが、大半が夜更かしが問題となります。

そもそも睡眠不足で朝起きれというのが原因となり、寝不足なので朝から頭がぼ〜っとして、昼間も元気が出ません。

逆に、夜になったら目が冴えて活動的になってくる。

体は皆さんが想像している以上に賢く敏感です。

日頃の夜更かしがパターン化されている状態になると、そのリズムが体は正しいと勘違いします。

毎日同じ時間に就寝するのは難しいかもしれませんが、できる限り同じ時間に寝ることを意識してみてください。

他には寝溜めは体内のリズムを狂わせる可能性があります。

寝溜めで睡眠不足は解消しよう、疲れをとろうと間違った体内調整をする方がいますので注意してください。

ホルモン分泌不足で睡眠の質が悪い

脳内からはメラトニンというホルモンが分泌されます。

メラトニンは睡眠を促すホルモンの一種です。

メラトニンが分泌されるとわたしたちの体の温度を下げ、より睡眠に適したコンディションをつくってくれます。

このメラトニンは基本的に夜に分泌されます。

また、朝起きてから約15時間を過ぎると、再度分泌されるようになります。

歳をとるにつれてメラトニンの分泌は抑制されていきます。

朝早起きのお年寄りが多いのは、メラトニンが減少していることが考えられます。

前日に食べ過ぎや飲み過ぎた場合

食べ過ぎはもちろん飲み過ぎは肝臓機能を低下させる原因となります。

朝起きれない人の特徴として飲み過ぎで肝臓が弱っていることがあります。

少しのお酒は体を健康にするとも言いますが、飲み過ぎはもちろんダメですよね。

肝機能低下は自覚症状がありません。

そのため、病気になっていても見逃してしまう人が多いです。


Sponsored Links

改善対策で朝しっかりと元気になるコツ!

改善対策で朝しっかりと元気になるコツ!

ここまでで朝起きれない人の特徴や原因を分かってもらえたかと思います。

体のリズムやホルモン分泌から睡眠の質が低下しており、それが原因で朝が弱いと勘違いしている方も多いことでしょう。

ここからは、改善と対策を紹介していきます。

理想的な睡眠をとる

人が起きやすい睡眠のリズムは90分感覚で訪れます。

この感覚で起きることができれば、割とスッキリ目を覚ますことができます。

最短の睡眠の場合は4時間半をとり、長時間の場合では9時間を目安にしてください。

この4時間半〜9時間の間を90分間隔で起きるようにすれば問題ありません。

食品やサプリからトリプトファンを摂取する

メラトニンが分泌することで眠りを促進させることが分かりました。

このメラトニンの分泌を促すにはセロトニン増加させることが効果的です。

また、セロトニンはトリプトファンをという必須アミノ酸が増やす役割を担っています。

トリプトファンはわたしたちの体内でがつくることができないのです。

つまり、食事やサプリから摂取が必要となります。

食事では主に牛肉、魚肉、豚肉に含まれています。

牛肉の中でもレバーに含有量が多くオススメです。

魚肉ではかつおに多く含まれています。

他には健康・サポート食品のようなサプリからも摂取が可能です。

寝起きにコップ一の水を飲む

朝が弱い人の特徴として朝ごはんを食べなかったり、朝に水分を取らないということがあります。

朝ごはんが食べるほどお腹が減っていない方はコップ一杯でいいのでお水を飲んでみてください。

お水を飲むことで体内の神経系が活性化され、わたしたちの脳は起きなければいけないとなります。

この流れで朝ごはんを食べるのがベストです。

胃をしっかりと動かすことにより体と脳は元気に働くことになります。

肝機能を上げる

肝臓が弱い体にだるさを引き起こしたりします。

肝臓に良い食品も適度に食べてください。

牡蠣
しじみ
レバー
たまご
大豆
海藻

運動を大切にする

やはり体のリズムを整えるには日中にしっかりと太陽の光を浴びることが大切になります。

適度な運動をすることにより体内の神経系がうまく調整されていきます。

低体温の人は運動をすることで目覚めがよくなる人もいます。

血の巡りを良くすることは、良い目覚めにもつながります。

朝元気に活動することは1日気持ちよく過ごせますよね。

日頃のちょっとした生活習慣やリズム、食べるものを気をつけることで楽しい毎日となります。

休みの日もダラダラとしてしまうことがありますが、少し頑張って早起きしたり運動を取り入れたりすることを習慣にしてみてくださいね。


Sponsored Links
Return Top