GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

体にいい睡眠時間とは?質と効率でノンストップに気持ちよく眠る方法を紹介!

体にいい睡眠時間とは?質と効率でノンストップに気持ちよく眠る方法を紹介!

私達人間にとって睡眠は生きていくうえで欠かせないものです。

人生の3分の1は睡眠時間になります。

しかし最近、睡眠不足を訴える人が急増しています。

スマートフォンやPC、ストレスなどが睡眠を妨げる原因になっているようです。

睡眠は誰しもがとらなければなりませんので、これからは睡眠の質、睡眠方法などを見直してスッキリした朝をむかえましょう。

ここでは質のいい睡眠、睡眠の仕方について詳しく説明していきます。


Sponsored Links

質のいい睡眠ができず熟睡できない原因

質のいい睡眠ができず熟睡できない原因

質のいい睡眠ができないのには原因があります。

ひとつはそもそも睡眠環境が良くないというものです。

環境を整えることは非常に重要です。

身体が疲れて布団に入っても周りがうるさかったり、明るかったりすると気が散ってしまい寝つきも悪くなります。

またストレスも大きく影響しています。

精神的ストレスを抱えている人は寝る前にそのことを頭の中で妄想してしまいます。

その妄想をストーリー化して進めてしまうと感情(怒り、イラつきなど)が入るようになります。

それにより脳でノルアドレナリンやドーパミンがつくられ脳を覚醒させてしまいます。

※ノルアドレナリンとは脳の神経伝達物質の一種で交感神経の働きを高めます。

それにより興奮してしまい目がさえてしまいます。

気持ちのいい朝を迎えるための睡眠の仕方

気持ちのいい朝を迎えるための睡眠の仕方

寝つきが悪くて悩んでいる人は寝る前に原因があるかもしれません。

ここでは寝つきが悪い人の原因と改善方法を紹介します。

これまでの生活を少し改善するだけですぐに眠ることができ、気持ちのよい朝を迎えることができます。

どれも簡単なものばかりなので、是非実践して気持ちのよい朝を迎えてください。

食事は2時間以上前に

食事を摂ると消化が始まります。

寝る前に食べたり、食べ過ぎたりすると睡眠が浅くなり何度も目を覚ましてしまいます。

またカフェイン、アルコールは眠りを妨げます。

できれば腹8分目を心掛けましょう。

また寝る直前にしか食事をとれない場合は消化のいいものを選びましょう。

消化のいい食べ物

・うどん
・おかゆ
・蒸しパン
・にゅうめん
・じゃがいも

安眠効果のある食べ物
・カフェインが入っていないお茶
・乳製品
・バナナ
・味噌汁
・アーモンド

寝る前の入浴に注意

寝る前に入ると興奮して眠れなくなります。

寝る前にお風呂に入るという人も多いかもしれませんが、最低でも寝る1時間以上前に入浴を済ませておきましょう。

ストレッチをする

睡眠にはストレッチも大切です。

5分程度するだけでも血の循環が良くなりリラックス効果があります。

しかし、ストレッチのし過ぎは体を温めすぎて目が覚めてしまいますので控えめにしてください。

スマートフォンを寝る前に見ない

近年1番多い理由の1つにあげられるのがブルーライトの光です。

寝る前にスマートフォンやPCで調べ事をしたり、寝付けないからゲームをする人も多いはずです。

ここで少しブルーライトについて説明します。

スマートフォンの画面を光らせるのに使われてるのがLEDライトです。

その中にブルーライトがあり睡眠のリズムを狂わせます。

ブルーライトの光は波長が短く朝日に似ています。

またブルーライトのせいで目の焦点がぶれやすくなります。

このブレを補正しようとするために目の筋肉は緊張状態に陥ります。

このような理由からブルーライトはあまり体には良くありません。

また新しい情報が脳に入ると脳が活性化され目が覚めてしまいます。

寝る前のスマートフォンを見る習慣のある人は続けていくと今後不眠症になる可能性があります。

気を付けましょう。


Sponsored Links

温度管理

夏は寝る前にあらかじめエアコンをセットして部屋全体を冷やしておくのが良い環境づくりです。

また冬も同じで部屋全体を温めておけば手足の冷えもしづらくなります。

質のいい睡眠は睡眠後の3時間で決まります。

枕は自分に合うものを

枕は高さ、硬さ、材質で決まります。

せっかく寝やすくするために体をリラックスさせても枕が合っていないと何度も目が覚めたり、疲れが取れなかったりして目覚めも悪くなります。

こちらのサイトでは正しい枕選びについての記事も詳しく更新しているので、よかったら参考にしてください。

部屋を暗くする

朝起きた時に朝日の光を浴びると脳が活性化され目が覚めます。

部屋が明るいまま寝ようとして目を閉じても、まぶたを通して光が脳に伝わります。

このような脳の勘違いを防ぐためにも部屋は極力暗くして眠るための環境づくりが重要になります。

睡眠の仕方だけではなく起床時にもコツがあった

睡眠の仕方だけではなく起床時にもコツがあった

ぐっすり寝た後は朝の起き方に気を付けると目覚めが良くなり頭がさえます。

寝ている時は体温を低く保っています。

このため起きて布団から出る前に部屋を暖めたり、シャワーを浴びて体を温めるのも効果的です。

日本の昔からの文化でラジオ体操もいいですね。

また寝る際にカーテンを少しだけ開けておけば、その酢暇から朝日が入り気持ちよく起きることができます。

目覚めが良くなると頭も活性化するので朝からの仕事もはかどります。

質のいい睡眠で体にいい影響を与える

質のいい睡眠で体にいい影響を与える

質のいい睡眠をとるためには寝やすい環境づくり、寝るまでに体をリラックスさせることが重要です。

また寝ている間に副交感神経が働き私たちの体を整えてくれます。

最後に朝の太陽の光を浴びることにより体内時計がリセットされ、新たな1日の始まりになります。

冒頭でも伝えたように、人生の3分の1は睡眠時間です。

よい睡眠をとり続けましょう。


Sponsored Links
Return Top