GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

急に腰が痛くなる理由は?いきなりのランニングや腹筋が原因かも!

急に腰が痛くなる理由は?いきなりのランニングや腹筋が原因かも!

日々、生活している中で急に腰が痛くなることはありませんか?

それはいきなりのランニングや筋トレ、特に腹筋などが原因かもしれません。

長距離運転や椅子に座ってじっとしている時にもいきなり腰が重くなってきます。

また、女性は生理中にも腰が痛くなることがありますよね。

そんな腰の痛みに悩んでいる方は必見!

ここでは腰が痛くなる理由について紹介していきます。


Sponsored Links

腰痛の多くはデスクワークが原因

腰痛の多くはデスクワークが原因

急に腰が痛くなるってことありませんか?

腰が痛くなる理由で思い浮かぶのは重労働ですよね。

毎日、重いものを持ったり体につらい姿勢を続けていると腰痛を引き起こします。

男性がバリバリとやるような力仕事では現場仕事、土木作業員の人が思い浮かびます。

しかし、重労働は男性だけではありません。

医療従事者の看護師さんや介護勤務をしているような女性も重い荷物を運んだり長時間立ったままで腰に負荷がかかっています。

このような重労働の仕事以外にも日々の生活スタイルで腰が痛くなる原因があります。

また、長時間の運転で腰が痛くなることもよくあります。

旅行などで遠出する時はどうしても長時間になり急に腰が痛くなることがあります。

ハイヒールにも腰が痛くなる原因と理由があった

ハイヒールにも腰が痛くなる原因と理由があった

ハイヒールを履くと、かかとを上げた状態が続き前傾姿勢になります。

しかし、体は姿勢を正そうとするので腰まわりの筋肉に負担がかかってきます。

ヒールは仕事はもちろん友人と遊ぶ場合やデートの時には使いたいマストアイテムですよね。

腰が痛くるなるけど、我慢して履いているという人も多いはずです。

日常生活でもキレイでカッコイイ女性に見られたいと思っている人も多いと思いますが、無理は禁物です。

ほどほどを心がけましょう。

急に痛くなるのはいきなりのランニングや腹筋が原因

急に痛くなるのはいきなりのランニングや腹筋が原因

体型維持や体の調子を良くをするためのランニングや腹筋運動からも腰が痛くなる原因があります。

ランニングであれば正しい姿勢で行うことが大切です。

間違ったフォームで走ってしまうと腰回りに負担がかかります。

力んだフォームをしているようであればリラックスして走ってください。

走り過ぎると腰に疲労が溜まるので、適度な休養も必要です。

フォームが悪かったり、腰の疲労が続くと調子よく走っていた最中に急に腰が痛くなることがあります。

腹筋も同様に正しい姿勢でやることと無理をしないことが大切です。

おへそが見える位置程度で十分なので、無理に状態を起こす必要はありません。

注意してください。


Sponsored Links

慣れない枕で寝ない

慣れない枕で寝ない

新しい枕を買った時に急に腰が痛くなることってありませんか?

ぐっすり寝ようと考えて気分良く寝床についたけど、朝起きる腰が痛いと感じる方もいると思います。

実は枕にも腰が痛くなる理由があったのです。

失敗した枕選びをして高すぎる枕や柔らかい枕を使うと腰に負担をかけます。

高すぎる枕は猫背を引き起こしたり、柔らかすぎる枕は体を歪ませる可能性があります。

少し硬めの枕で3〜4センチ程度の高さの枕を選ぶのがベストです。

特に今まで高い枕を使っている人が急に低い枕にすると中々慣れません。

徐々に低くしていくことをオススメします。

30秒の正座で腰痛改善

30秒の正座で腰痛改善

日々のライフスタイル、女性のオシャレ、体を調整するランニングや腹筋で腰が痛くなる理由や原因を紹介してきました。

ここからはたった30秒の正座で腰痛を改善できる方法をお伝えしたいと思います。

1.まずは膝立ちになり、足の指は立てたままの状態で両足のかかとをつける

2.かかとをつけた状態を維持しながら、足の指を折りたたみ、そのままゆっくりと正座していきます(この時、骨盤が曲がっている人はどうしてもかかとが離れていきます。できるだけかかとをくっつけた状態を保ってください)

3.肩の力は抜いて自然にリラックスして正座を30〜60秒続けます

たったこれだけです。

これだけで腰痛が治るなんて驚きませんか?

腰痛だけでなく猫背やO脚にも効果的なんです。

O脚が治るなんて女性にとってはとても嬉しいですよね。

実は腰が痛くなる理由としては血流が悪いということも挙げられます。

血行を良くすることは大切です。

かかとをくっつけて正座ができない方は関節部分の可動領域が狭くなっているといえます。

歳をとるにつれて柔軟だった体は筋肉も関節も硬くなってしまいます。

その結果、血の流れが悪くなることに繋がるのです。

毎朝起きた時、毎晩寝る前のどちらかでいいので毎日続けてみてください。

少しづつではありますが、かかとの距離が近づいていることを体感できると思います。

ぜひ、皆さんも毎日やってみてくださいね。


Sponsored Links
Return Top