GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

しし座流星群2015年11月のピークは18日ごろ。目視可能な方角は360℃!

しし座流星群2015年11月のピークは18日ごろ。目視可能な方角は360℃!

11月はしし座流星群を楽しむことができます。

カップルでしし座流星群を見れたらロマンチックな雰囲気になることは間違いなさそうですね。

特に2015年は観測条件が良いそうで、綺麗なしし座流星群が見れるようです。

今年のしし座流星群の観測期間は11月10日から23日頃までだといわれています。

そんなしし座流星群ですが、どうして見るならピークの時に綺麗な流星群を見たいと思いませんか?

しし座流星群にはもっとも活動が活発になるピークが存在します。

ピークは1日しかありませんので、その日にちや時間、注目すべき方角なども紹介していきますね。

きれいな夜空を見上げながら素敵なひと時を過ごしていただければと思います。

まず始めにしし座流星群とはどのようなものなのかを紹介していきます。


Sponsored Links

しし座流星群とは?

しし座流星群

しし座流星群には母天体となるテンペル・タットル彗星の軌道が関係しています。

毎年11月のこの時期になるとテンペル・タットル彗星の軌道を地球が通過する際に、その塵が地球の大気圏内に突入してきて発光するのがしし座流星群です。

テンペル・タットル彗星の軌道は非常に角度があるため、その塵は直撃に近い形で大気圏内に突入してきます。

これに地球の公転速度が加わるため、しし座流星群の速度は秒速71キロといわれています。

これは様々な流星群の中でも最速だといわれています。

長く発光している様子が見れるのはこの速さが関係しているのです。

また、しし座流星群は天文学の発展においても大きな役割を果たしてきた流星群だといわれています。

2015年11月のしし座流星群のピークはいつ?

しし座流星群

では次に、しし座流星群の見ごろのピークを紹介していきます。

通常しし座流星群は11月14日から11月24日頃まで見ることができます。

ピークを迎える日を極大と呼ぶのですが、毎年17日頃にピークを迎えています。

しかし前述したように2015年にしし座流星群が見れる期間は11月10日から23日頃までの約2週間となっています。

そして今年の極大は11月18日になることが予想されています。

よってピークは11月18日と思って良いでしょう。

気になるピーク時間ですが、残念な事にしし座流星群が最も活発に活動するのは18日のお昼の13時頃です。

これはどうしようもありませんね。

明るいお昼にしし座流星群を見ることはできません。

では暗くなった夜のベストな時間はいつなのか?

今年は17日の23時頃に月が沈むので、それ以降の時間から明け方の午前4時頃にかけて空が真っ暗になる時間帯がベストでしょう。

あいにく17日も18日も平日ですが、最高に綺麗なしし座流星群を見たいという人は妥協できないところではないかと思います。


Sponsored Links

2015年はどれくらいのしし座流星群が見れるの?

しし座流星群

今年は母天体のテンペル・タットル彗星が地球から遠い軌道にあるため、大出現は期待できません。

条件がよければ1時間に10個以上の流星群を確認できるのではないかといわれています。

ちなみに、しし座流星群の母天体となるテンペル・タットル彗星は33年周期で公転しています。

33年に1度テンペル・タットル彗星が最も太陽に近づいたときにしし座流星群は大出現します。

これは太陽の熱によりテンペル・タットル彗星から放出される塵の量が圧倒的に多くなるためです。

前回は1999年にテンペル・タットル彗星が回帰しており、その際は1時間数千個のしし座流星群が出現しています。

このような大出現は「流星雨」や「流星嵐」と呼ばれています。

必ずしも33年に1度大出現するわけではなく、前後する場合もあります。

実際に2001年や2002年にもしし座流星群は大出現しています。

次回のテンペル・タットル彗星の回帰は2032年なので、その前後は大出現が期待できるでしょう。

数千個という話を聞くと10個以上は物足りないかもしれませんが、条件がよければもっと多くの流星群を見ることもできます。

注目すべき方角や場所は?

しし座流星群

しし座流星群を見る場合は注目すべき方角というものは特にありません。

流星はあらゆる方角から流れてきます。

そのため根気強く様々な方角を確認する必要があります。

コツとしては広い範囲を全体的に見渡すことが必要です。

そのためには観測する場所はとても大切になってきます。

都会の街中などではほぼ見ることは難しいでしょう。

山間部や海辺など街の明かりが少なく空気も澄んでいて見晴らしのいい場所が最適です。

ちなみに長野県にある阿智村という場所は日本一暗い村といわれており、日本で一番綺麗な天体観測ができるといわれています。

興味がある人は是非、調べてみてくださいね。

しし座流星群でロマンテックなひとときを…

2015年のしし座流星群の情報はこのようになっています。

自然が作る神秘的な現象ですので、簡単に見ることは難しいのが事実です。

時間や場所などを事前に調べて観測する必要があります。

しかし、実際にしし座流星群を生で見るとその感動は別格です。

普通に普段生活していても流れ星すら見ることは難しいことですが、、流星群はそれをいくつも連続してみる事ができる可能性を秘めているからです。

家族や友達と見ることができれば大興奮でしょうし、恋人と一緒に見ることができればロマンティックなひと時を過ごすことが出来るでしょう。

1年に1回のこの時期にぜひ、しし座流星群を見に行ってはいかがでしょうか。


Sponsored Links
Return Top