GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

かぐらスキー場をオープン時期に楽しむ【GJewelおススメプラン】混雑時期やコースも紹介

かぐらスキー場をオープン時期に楽しむ【GJewelおススメプラン】混雑時期やコースも紹介

新潟にあるかぐらスキー場は11月からゲレンデがオープンする関東から近いスポットとして非常に人気のあるスキー場。

他のスキー場がオープンしていないので、オープン時期は当然混雑しますが、一足早い初すべりはスキーやスノーボードを愛する人には見逃せない楽しみの一つ。

事前に情報をチェックしてオープンに備えましょう。

かぐらスキー場は、標高1,845mの中上級者コース「かぐらエリア」と比較的緩やかなコースもある「田代エリア」「みつまたエリア」の3エリアに分かれています。

11月21日(土)に最速オープンするのは、この内「かぐらエリア」だけで、田代エリアなどは12月中旬からのオープンとなります。

例年、オープンする当日の土日(2015年であれば11月21日、11月22日)は新潟ではなく東京と勘違いしてしまうほど混雑状況で、人込み嫌いには辛いです。

しかし、やはり11月という早い時期に東京からすぐに行けるゲレンデで初滑りできるのは魅力的で経験したことがある人には毎年欠かせない行事になったりします。

今回はGJewel編集部が考える混雑しているオープン時期のおススメのプランを紹介します!


Sponsored Links

かぐらスキー場のオープン日はどれくらい混雑するのか

まずは、かぐらスキー場にオープン日に行ったことがない人の為に現実を一つ。

当然ながら11月のオープン時の雪は人工雪です。

営業しているエリアは「かぐらエリア」のみ。

また、シーズン初めは、ロープウェイからゴンドラまでシャトルバスでの移動となります。

つまり、シャトルバス待ちが大混雑します。

また滑れる場所は一部で、第1ロマンスリフト間しかオープンしていません。

これが、かぐらスキー場オープン時期の大よその状況です。

特にオープン日は土曜日の為、当然その後の平日よりお客さんが多いです。

私が経験したオープン日の待ち時間は最大2時間程度で、正直「楽しい」とは言えませんでした。

このことから、かぐらスキー場で11月のオープン時期から初滑りを楽しむ場合、オープン日とその次の日の土日は絶対に外すことをおススメします。


Sponsored Links

周辺民宿に泊まるのと車中泊どちからよいか?

オープン時期でも最初の土日を避ければ結構楽しめるかぐらスキー場。

しかし、一つだけ気を付けておかなければならないことがあります。

それは前日に泊まる場所。

これを間違えてしまうと少し楽しさが半減してしまいます。

なぜなら、かぐらスキー場のオープン時期は他のスキー場以上に朝一とそれ以降の混雑状況が違うからです。

また、オープン当初は人工雪なので夜中にクローズしている間に積もった人工雪でしっかりと楽しめるかどうかがカギとなります。

つまり、重要なのは「混雑が少なく」「人工雪がふっくらしている」朝一の時間帯です。

そうなると先ほどの泊まる場所なんですが、断然 車中泊をおススメします。

民宿に泊まった場合は6時半~7時には出発しないといけない為、朝食のキャンセルは必至です。

新潟の旅館に泊まって朝食をキャンセル…

宿泊したことがある人は分ると思いますがハッキリいって勿体なさすぎます。

そういうわけで、かぐらスキー場で滑る当日は車中泊を断然おススメします。

最も幸せを感じられるプラン

さて今までの情報を元にGJewel編集部のみんなでかぐらスキー場のオープン時期に初滑りに行く場合の最適プランを考えてみました。

なお、出発地は東京と過程します。

①11月22日(日)の夜に車で出発
②11月23日(月)の深夜にかぐらスキー場に到着(車中泊)
③リフト券は事前にWebで購入しておき、朝一で入場し、初すべりを楽しむ
④昼過ぎでかぐらスキー場から撤収し、近くの旅館へ
⑤11月23日(月)は温泉と美味しい食事を満喫しながら新潟の旅館を堪能を1泊
⑥11月24日(火)に東京に帰る

かぐらスキー場

どうでしょうか?

楽しそうじゃないですか?

2連休が絶対取れない方は、④から東京帰還に変更しましょう…

1年ぶりの雪(人口ですが)を一番いい状態の朝一で味わい、日頃のストレスと当日の筋肉痛を旅館で癒す。

間違いなく楽しめますので是非検討してみてください。

なお、かぐらスキー場の近隣旅館は例年オープン時期は予約がとりづらいので早めに予約されることをおススメします!


Sponsored Links

Return Top