GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

iPhone6sローズゴールド128GBのケースを散々迷ったあげく最後に落ち着いたものは?

ついに2015年9月25日に待望のiPhone6sとiPhone6s plusがアップルから発売されました。

GJewel編集部では前からiPhoneを社用携帯として使用しているので、今回も早速 iPhone6sに機種変更しました。

選んだ機種は、iPhone6sローズゴールドの128GB。

弊社では美容関係の仕事にも使うことから、大量のデータ保存が必要となるので、今までの64GBから128GBへの増量はかなり嬉しいです。

これで、しばらくはバックアップなしで動画と写真を沢山 撮影できそう。

iphone6sローズゴールド

iPhone6sの本体に合うケースが中々決まらない

毎回、新型iPhoneを買うと悩ましいのがケース。

保護フィルムは毎回 反射防止と指すべりを一番に考えて購入すると決めているのですぐに決まりましたが、今回もケースだけが中々決まらず…

かといって、ケース無しに買ったばかりのiPhone6sを持ち歩くなんて考えられません。

今回ケース選びで特に難しいのが、せっかくのローズゴールドという色を隠したくないということ。

でも、手に持った時の感触がベタベタするシリコンケースは使いづらいし、クリアハードケースはすぐにケース自体のキズが目立ってしまって結局汚くなるし…

アップルの純正シリコンケースの肌触りはいいけれど、色つきしかないし…

悩んでいると思考がクルクルなってしまい、結局 いつまでたっても決められない状態でした。

で、結論としては、せっかくなのでケースの付け比べをしてみよう!ということになってしまいました。


Sponsored Links

エントリーNo.1 アップル純正シリコンケース ラベンダー

iphone6s

まずは、やはりシリコンケースなのに手触りが抜群によく、iPhone6s側の柔らかなマイクロファーバーにもこだわりがある純正シリコンケース。

色は、ピンクかラベンダーで迷いましたが、ピンクとローズピンクの組み合わせはちょっとくどくなってしまいそうだったので、少し外しのラベンダー。

ローズゴールドが見えるのはカメラレンズ回りや下部充電ケーブル差込口付近と少ないが、やはり比較するなら純正ケースもということでエントリー。

ケースとしての性能や触り心地が最も良いのは恐らく間違いないが、ローズゴールドが隠れることがどこまでマイナスに働くか。

価格が3800円となかなかの高額なのも一つのデメリット。

エントリーNo.2 ラメ入りクリアのシリコンケース

iphone6s

これはドコモショップにおいてある「docomo select」という商品の中からチョイス。

ネット上では同じ商品が見当たらなかったので、画像は自前で撮影。

ポイントはラメ入りクリアケースということで、ローズゴールドの存在価値を最大限に活かせるケース。

タダでさえ女子ウケする可愛いローズゴールドがラメでさらに際立ちます。

問題としては手触りが「ザ・シリコン」といった感じで、全くもってツルツルではないところ。

ツルツルじゃないと、ポケットに入れにくかったり、ごみの吸着率が高かったりするのでマイナスポイント。

もちろん、シリコン感の方が手に吸着しやすく落としずらいという意見も考慮。

画面を下向きに机に置いた際に、スクリーンが机と触れ合う構造はマイナス。

価格は1900円と普通。

エントリーNo.3 ポリカーボネート素材のクリスタルクリアケース

iphone6sケース

最後は、アマゾンで「iPhone6s」と検索をかけて出てきた商品の中から評価が高いものを選択。

クリアケースでローズゴールドの色合いを活かせる上に、ポリカーボネート素材というシリコンケースではないので、手触りも断然よいことを期待。

このケースは、Military Grade【米軍軍事規格】を取得しているようで、その耐久性にもかなりの定評があるのだとか。

スクリーンの平面よりケースが少し出ているので、画面を下にして置いたときに画面が机などに触れないのもかなりのポイント。

プライバシー守るには通常は下向きにして置きたいのが女子の気持ち。

高性能な割に、価格も約1500円と最も安い。


Sponsored Links

気になるiPhone6sローズゴールドに合うケースGJewel大賞は!?

さて、iPhone6sローズゴールドに合うケースの候補3つを比べた上での最終選考結果ですが、下記のようになりました!

採点表

見た目の美しさ

■アップル純正ケース
【1点】クリアケースがない為、ローズゴールドの良さが消えてしまう。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【3点】ラメとローズゴールドの相性抜群。

■Spigen クリアケース
【3点】最もローズゴールドの色を活かしたケース

手触りの良さ

■アップル純正ケース
【2点】思ったよりツルツル感もなく、普通のシリコン。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【2点】普通のシリコンの手触り。

■Spigen ウルトラ・ハイブリッドクリアケース
【2点】シリコンとハードの間くらいの手触り。

防御力

■アップル純正ケース
【2点】カメラレンズの防御、画面の防御はOK。縁は下部のみ防御なし。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【-1点】ケースの高さがカメラレンズ、画面と同じで防御ができない。

■Spigen クリアケース
【3点】カメラレンズの防御、画面の防御、4方の縁の防御全てOK。

着脱時のキズ発生

■アップル純正ケース
【3点】着脱しやすく内側のコーティングもある為キズは付かない。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【1点】着脱しにくい。固さもある為、キズがつく可能性あり。

■Spigen クリアケース
【3点】素材が柔らかい為、キズは付かない。

ケースをつけたままドックに置けるか

■アップル純正ケース
【3点】下部には縁がないので、そのままさせる

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【1点】下部にも縁がある為、ドックによってはさせない。

■Spigen クリアケース
【1点】下部にも縁がある為、ドックによってはさせない。

ケースへのゴミの付き易さ

■アップル純正ケース
【3点】素材的にゴミがつきづらい。またクリアでないので目立たない。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【1点】素材がベタツキがあるのでゴミがつきやすい。

■Spigen クリアケース
【2点】アップルとdocomo selectの中間。

価格

■アップル純正ケース
【1点】3800円。高い。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【2点】1900円。普通。

■Spigen クリアケース
【3点】1600円。安い。

【総合結果】

■アップル純正ケース
【15点】商品としては価格が高いこと以外素晴らしい。しかし、ローズゴールド色を活かせないのが落選の大きな理由。

■Docomo select ラメ入りクリアケース
【9点】ラメ入りでローズゴールドとの相性もバッチリ。しかし、画面とカメラレンズを守れないのはケースとしては致命的。なお、色としてはシルバーのiphone6sに一番合っていた。

■Spigen クリアケース
【17点】ローズゴールドとの相性、ケースとしての防御力、価格の安さ総合してNo.1確定。

iphone6scase

【Spigen】iPhone6s ケース ウルトラ・ハイブリッド iphone6/6s対応 (クリスタル・クリア SGP11598)

以上の様になったiphone6sローズゴールドに合うケース選びですが、皆さまのケース選びの参考になれば幸いです。

編集部ではしばらくこのケースを使用するので、トラブルなど発生した場合は必ず追記します。


Sponsored Links

Return Top