GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

リバース(ドラマ)の玉森くんのメガネ姿にキュン死寸前!どんな役柄なのかあらすじをチェック。

リバース(ドラマ)の玉森くんのメガネ姿にキュン死寸前!どんな役柄なのかあらすじをチェック。

2017年4月14日スタートのドラマリバース

TBS系列で、金曜10時から放送されます。

主演は藤原竜也、そして恋人役はデスノート以来の共演となる戸田恵梨香。

他にも市原隼人、小池徹平、三浦貴大、門脇麦など豪華キャスト。

そして主役並みに話題となっているのが、玉森裕太ではないでしょうか。

玉森くんは高校の教師役で、メガネをしているイケメンメガネ教師です。

2009年のドラマデビューから数多くのドラマに出演されている玉森くんですが、いつもメガネをかけている役は珍しいと思います。

ドラマのあらすじから、玉森くんがどんな役柄で出演されるのかを見ていきましょう。


Sponsored Links

リバース(ドラマ)の原作者とあらすじを紹介。

ドラマリバースの基本情報。

原作:湊かなえ

脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子

演出:塚原あゆ子、山本剛義、村尾嘉昭

プロデューサー:新井順子

多くのスタッフが、2014年に放送されたNのためにのスタッフが集結しました。

Nのためにも原作が湊かねえさんで、当時とても話題になったドラマでした。

原作者の湊かなえ情報。

原作者の湊かなえさんは、女性を主人公にしたミステリー小説を多く執筆されています。

デビュー作の告白で、週刊文春のミステリーランキングで1位を獲得。

映画化された作品は4作品あります。

  • 告白
  • 北のカナリアたち
  • 白ゆき姫殺人事件
  • 症状

ドラマ化された作品は6作品もあります。

  • 境遇
  • 贖罪
  • 高校入試
  • 花の鎖
  • 夜行観覧車
  • Nのために

玉森くんが公式コメントで、湊かなえさんの作品を見てきたと言っています。

リバース(ドラマ)のあらすじを紹介します。

ネタバレしないように、物語の導入部分だけを紹介します。

深瀬和久(藤原竜也)は冴えない男。

有名大学を卒業しても、地味でつまらない普通の人生を送ってきた。

唯一の彼のとりえは、美味しいコーヒーをいれる事。

そしてコーヒーをいれる度に頭をよぎるのは、親友広沢由樹(小池徹平)を亡くした事だった。

深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と出会い、美穂子に惹かれていき付き合うようになる。

そんな平凡なある日、深瀬の自宅に「人殺し」という張り紙がされていた。

驚きを隠せない深瀬だったが、10年前に広沢を亡くした事故の秘密を墓場まで持っていくというゼミ仲間との約束を思い出した。

そんな時、深瀬が通っていた大学の教授の退官祝賀会を知らせる手紙が来た。

広沢の事を思い出すことを恐れながらも会場へ向かう深瀬。

そこには10年前のゼミ仲間で、広沢が亡くなった事故が起きた旅行のメンバーも揃っていた。

ゼミ仲間と久しぶりの再会、そして広沢の母昌子(片岡なぎさ)も訪れていた。

広沢の死後、母昌子に対し気まずさを感じる深瀬たち。

そして深瀬たちをすこし遠くから見つめる、ジャーナリスト小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿が。

ここから物語は、深瀬の過去の記憶にリバースしていきます。

深瀬の大学時代で、広沢の事故前後の物語です。

ゼミ仲間である玉森くん演じる浅見の登場シーンも、いっぱいありそうですね。

玉森裕太はどんなメガネ男子?

まずはドラマリバースの豪華なキャストを見てみましょう。

藤原竜也:深瀬和久役
戸田恵梨香:越智美穂子役
玉森裕太:浅見康介役
小池徹平:広沢由樹役
三浦貴大:村井隆明役
門脇麦:谷原明日香役
市原隼人:谷原康生役
YOU:乾恭子役
片平なぎさ:広沢昌子役
武田鉄矢:小笠原俊雄役

玉森くん演じる浅見康介は?

浅見康介は、深瀬と同じ大学のゼミ仲間。

学生時代は派手なグループに属していたが、現在は高校で世界史の教師をしている。

ストイックで真面目な性格で、生徒の指導を巡って生徒や保護者とのトラブルも絶えない。

ちょっとクールな役柄です。

リバース(ドラマ)の見どころ。

金曜22時の枠は、2016年冬のわたしを離さないでは視聴率が振るわなかったですが、その後は10パーセント前後を獲得しています。

ドラマリバースはこの豪華キャストなので、初回放送は10パーセントを超えてくると思います。

ミステリードラマは、評価が高くても視聴率はイマイチな場合が多いです。

ただ、今作の原作者と制作スタッフで過去に一度ミステリードラマを制作しているので、前回のNのためにを超える事を意識していると思います。

玉森くんの公式コメント。

浅見という役柄については。

「皆のリーダーシップをとるようなクールなキャラクターなのですが、教師という職業柄性格もパキッとしているという印象です。」

撮影への意気込みは。

「今回32歳という役柄ですが、実際は僕が一番年下ということもあるので、お兄さんたちの背中を見て、たくさん吸収しつつ、良い作品に出来るように精一杯頑張ろうと思います。」

と言っています。

記録的なヒット作になる可能性を秘めたリバースを楽しみにしましょう。

Return Top