GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

正しい枕選びのポイント。自分に合うものを見つけよう!

正しい枕選びのポイント。自分に合うものを見つけよう!

人生の3分の1は睡眠といわれるほど、睡眠は私たち人間にとってかかせません。

寝ても寝ても疲れがとれないという人はいませんか?

枕が合っていないため気付けば枕の上で右に左に移動していた人は自分に合う正しい枕を見つけてスッキリした朝をむかえましょう。

枕選びは質の良い睡眠の第一歩です。

身体に合わない枕で寝ていると筋肉が休まらず肩こりの原因にもなります。

最近では枕専門店もありますので関心の高さが伝わりますね。

ここでは枕選びの正しいポイントを詳しく説明していきます。


Sponsored Links

自分に合う枕を選ぶ3つのポイント

自分に合う枕を選ぶ3つのポイント

まずは自分に合った枕を選ぶためのポイントを説明していきます。

枕を選ぶ際は3つのポイントに気をつける必要があります。

3つのポイントは以下のようになります。

①枕の高さ
②枕の素材の種類
③枕の硬さ

①枕の高さ

仰向けに寝て眉間から顎にかけての角度が5度。

この角度は私たちが意識せずに立った時の角度です。

枕の高さの目安基準として

痩せてる人は2.5~3cm

標準体型のひとは3~4cm

太ってる人は4~5cm

これは目安ですので実際は横になり枕を使って体感しなければなりません。

②枕の素材の種類

通気性、吸湿性や熱がこもる物もあるので自分の好みの物を選びましょう。

③枕の硬さ

柔らかすぎず硬すぎないものを選び、なおかつ寝返りのうちやすいフラットのものを選びましょう。

枕選びの正しい方法

ここからは上記で説明した3つのポイントをより詳しく説明していきます。

枕の高さ、素材、硬さを意識して自分に合った枕を選びましょう。

枕専門店をも驚きの内容になっているので、きっとあなたの枕選びに役立つはずです。

それでは早速説明していきます。

枕の高さ

低すぎると頭が下がるため顎が上がります。

高すぎると頭が上がるため顎が下がります。

理想的な高さは意識せずに立った時の角度の5度です。

これは顎が前後に動かず自然な位置を保てる高さです。

また枕の高さは横向き(寝返り)の時も考えなくてはなりません。

仰向けと横向きの大きな違いは首の骨の形状です。

仰向けはS字、横向きは一直線になります。

横向きの枕の高さの見極め方は頭部と頸部が適正な高さで支えられていること。

また人は一晩で30回近く寝返りを打ちます。

そのために枕には頭の重さを支える適度な硬さが必要になります。

また枕の形状は寝返りを考慮して両サイドは少し高めでもいいです。

仰向けと横向きのバランスが大切になります。

では低い枕を使うとどうなるのか?

寝返りを打ったときに肩に負担がかかります。

その結果、血行が悪くなり肩こり、しびれ、骨のゆがみ、頭痛の原因になります。

頭に血がのぼり睡眠が浅くなります。

それとは反対に高すぎるとどうなるのか?

頬が圧迫され、首から肩にかけての血行が悪くなります。

気道がつまりいびきをかきやすくなります。

しわの原因にもなります。

眉間から顎にかけて5度の適正な枕を使うと(この場合、高さだけの判断で素材と硬さは考慮せず)気道が確保されることにより呼吸がスムーズになりいびきも少なくなります。


Sponsored Links

枕の素材の種類

次は枕の素材について詳しく解説します。

素材に関しては次の点に注意してください。

・音がしない(気にならなければ大丈夫です)
・蒸れない
・熱がこもらない
・寝ている間に形が変形しない
・洗えるか洗えないか

寝ている間に頭からも大量の汗と脂がでます。

洗える素材を選べば汗、油、フケ、ダニ、カビなどもきれいに除去できるので衛生的です。

素材はご自身の好みになりますが、アレルギーのある人は洗濯できる素材を選びましょう。

また通気性、吸湿性が良いのは羽毛とそば殻になります。

枕の硬さ

最後は枕の硬さです。

枕の硬さは寝返りのしやすさと寝心地の良さがポイントになります。

柔らかすぎる枕は首筋に負担がかかります。

また頭が下がり顎が上がるため、安定感がなく首に負担がかかります。

頭が固定されるため寝返りしづらくなります。

硬すぎる枕は頭が固定されないため安定せず首に負担がかかります。

また頭を支える働きをするので筋肉の緊張が続き肩こりの原因になります。

枕は自分に合う硬さのものを選びましょう。

枕選びを間違えると大変なことになる!?

枕選びを間違えると大変なことになる!?

枕選びは正しくおこなわないと本当に体に害が影響してきます。

具体的には肩こり、頭痛、骨のゆがみ、腰痛、いびきなどの症状です。

●肩こり
30%以上の人が枕が原因でなっています。

●頭痛
枕が頸部を圧迫し交感神経を刺激するため脳への血流が悪くなります。
枕が低いと頭が下がるため脳に血がのぼってしまい眠りが浅くなります。
また枕が硬いと頭が固定されないため安定せず首に負担がかかり眠りが浅くなります。

●骨のゆがみ
枕が合ってないと身体に負担をかけ首、背骨、腰の骨がゆがみます。
自分に合う枕を選びゆがみとはお別れしましょう。

●腰痛
腰痛は骨のゆがみが出るので発症します。
筋肉量が少ない女性の方がなりやすいです。

●いびき
枕が高いと気道を確保できないためいびきの原因になります。

枕選びを間違えると熟睡できないばかりでなく、体にも悪影響を与えてしまいます。

またマッサージしても肩、背中、腰のこりが治らなかった人は枕の可能性もあります。

冒頭にも説明したように人生の3分の1は睡眠です。

毎日使うものだからこそ自分に合った枕を使い、質の良い快眠生活をおくりましょう。


Sponsored Links
Return Top