GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

同棲する前にすることを徹底分析。親に挨拶するのはタイミングが大切!

同棲する前にすることを徹底分析。親に挨拶するのはタイミングが大切!

つき合ってる彼と、結婚前に同棲をする!

好きな人との同棲は期待が膨らみますよね。

でも、長い間違う環境で生活していた2人が同じ空間で生活すると、お互いに理解できない事や受け入れられない事もあると思います。

そして結婚を前提に同棲を始めるのであれば、自分たちの事だけではなくそれぞれの親への挨拶が大切です。

どのように挨拶すれば良いのか?

挨拶のタイミングは?

両親に喜んでもらえる結婚をするために、正しい挨拶の仕方をご紹介します。

そして、同棲生活で彼とトラブルにならないように、同棲前にやるべき事、決めることもご紹介します。


Sponsored Links

同棲する前に親への挨拶は必要?

Before cohabitation2

「別に結婚するわけじゃないし。」

「言わなきゃ分からないし、わざわざ言わなくてもいいか。」

など、お互いの親への挨拶をしない都合の良い理由が思い浮かんでしまいます。

でも挨拶をしないと損をする可能性が高いので、同棲をする前にお互いの親へ挨拶をする勇気を出して下さい。

親への挨拶をしないと損をする理由。

結婚が前提の同棲であれば、親への挨拶をした方が良い理由が2つあります。

1:お互いの親に喜ばれる結婚をする為。

結婚の時には、多くの方が親に挨拶に行くと思います。

その時、黙って同棲している事が分かってしまったら、イメージが悪くなるだけではなく信用してもらえない可能性が高いです。

結婚の可能性があるのであれば、同棲する前に挨拶する事が大切です。

2:2人の結婚への気持ちをしっかりと確認する為。

親への挨拶は、少しハードルが高いですよね。

そのハードルを乗り越えてでも同棲したいという気持ちがあれば、2人の結束も強まります。

反対に親に挨拶に行くぐらいなら、同棲しないという男性は少し頼りないですね。

あいさつのタイミングと仕方!

挨拶に行くタイミングは、一緒に住む部屋を探す前に行くべきです。

話が進んでから、挨拶に行くと親としては自分の意見を伝える余地がなくなってしまいます。

同棲をする報告で、挨拶に行くのではなく。

同棲をしようと思うから相談の為に、挨拶に行くようにすると良いですね。

挨拶の仕方は、「結婚を考えている」という言葉を堂々と伝える事が大切です。

反対に「一緒に住みたい」だけを伝えたり、同棲という言葉を使ってしまうのはお勧めできません。

同棲という言葉は、どうしても軽い気持ちを感じてしまうので使わない方が良いです。


Sponsored Links

同棲前に決めることすること。

Before cohabitation3

トラブルの原因になる事はある程度決まっています。

トラブルの原因となりやすい5つをご紹介しますので、同棲する前にはしっかりと話し合って下さい。

同棲してから「こんなはずじゃなかった。」

「同棲準備が足りなくて、大好きな彼と別れてしまった。」

などにならない様に。

2人の将来の事。

何のための同棲なのか、目的をハッキリさせましょう。

一緒に過ごす時間を増やしたいのだけであれば、同棲で得られる満足感は長続きしません。

そして男性は同棲する事で満足してしまって、結婚を遠ざけてしまうのでお勧めできません。

「結婚を予定しているから、同棲して結婚資金を貯める為。」

「幸せな結婚生活が遅れるどうか、一緒に住んで価値観の違いを理解する為。」

など自分にとって明確な目的がない場合は、相手の都合の良いようになってしまい自分にとってデメリットが多い同棲になってしまいかねません。

結婚を予定しているのであれば、何年後か決めておく必要があると思います。

そして結婚を予定して同棲を始めるのであれば、必ず両親に挨拶に行きましょう。

お金のこと。

同じ収入じゃない場合は非常に難しいところだと思いますが、とても大切な事なので慎重に決めるようにして下さい。

2人の収入の合算で考える。

主な支出をキッチリ半分にする。

と同棲を始める前の盛り上がった気持ちでは比較的簡単に決める事が出来ますが、決める事が難しいのではなくて、決めた事に後々不満を持たない事が難しいです。

同棲カップルは比較的彼の方が多めに払っているケースが多いですが、彼が多く払う事でトラブルの原因になる事も多いので、生活費に必要お金は半分払う事をおすすめします。

その他のデートなど費用を、彼に負担してもらうのは良いと思います。

2人の仕事のこと。

今の仕事をずっと続けていくのか?

転職する希望があるのか?

など、仕事が変われば収入や住む場所も変わる可能性がありますので、「どのように考えているのか」や「もし転職した場合どうするのか」を話し合っておく必要があります。

将来の事は予定通りいくとは限りませんが、仕事が変わったぐらいで2人の人生計画が変わらない事を確認する必要があります。

家事の分担。

家事や家の習慣などで自分との違いや、こだわり(自分では当たり前だと思っている)で戸惑う事があると思います。

絶対に譲れない事がある場合は、その家事は相手に求めず自分で行う必要があると思います。

お金の問題と一緒で、同棲する時は問題に感じない事でも後々トラブルの原因になる事が多いので、しっかりと決めておく必要があると思います。

変化する事を予測しておく。

日常生活を一緒に過ごすようになると、ドキドキした気持ちも薄れてきます。

これは男性の方が比較的早く訪れますが、人間の本能的な部分なので仕方がありません。

恋愛的な気持ちに変化があっても、相手への人間的興味や大切な気持ちまで失ってしまう事がないか自分自身を見つめてみる事も必要だと思います。

気持ちの変化とともに、同棲前に決めたルールも破られる事もあると思います。

どこまでが許容範囲なのかを自分自身が決めて、相手にも確認しておく必要があると思います。

しっかりと準備をして楽しい同棲生活を!

Before cohabitation4

同棲する前のお互いの親への挨拶。

一緒に生活する前に決める事。

どんなに準備をしてもトラブルになる事はあると思いますが。

でも準備をしておけば、上手に対処できる事も多いと思います。

せっかく好きな人と一緒に暮らすのであれば、出来る限りトラブルは無くしたいですね。

お互いの親も応援してくれて、楽しい同棲生活を送れるようにしていきましょう。


Sponsored Links
Return Top