GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

【今年もやっぱりボジョレーで女子会!】ボジョレーヌーボー2016年のおすすめ銘柄と解禁日を紹介!

【今年もやっぱりボジョレーで女子会!】ボジョレーヌーボー2016年のおすすめ銘柄と解禁日を紹介!

今年もGJewel編集部では、ボジョレー特集記事を掲載します!

昨年はGJewel編集部のボジョレー記事で紹介したワインは種類によってなんと3日で完売するという驚異の人気を持つボジョレーヌーボー。

皆さんの関心の高さを感じます。

きっと皆さん去年もそれぞれの「ボジョレ―な日」を楽しまれたのではないでしょうか?

そして今年。

解禁日は2016年11月17日(木)午前0時です。

ちなみに、ボジョレーヌーボーに、解禁日がある理由について詳しく知りたい方は昨年の記事をどうぞ。

きっと今年も皆さんの期待を裏切らず、期待以上の喜びと愉しみを届けてくれるはずです。

では早速そんなボジョレ―の魅力をお伝えしていきたいと思います。


Sponsored Links

皆さんの中には、「この時期になるとボジョレーヌーボーがよく話題になるけど、どうして?」って不思議に思われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方の為に、「ボジョレー」について少しお話ししたいなと思います。

ちょっとした豆知識として覚えていただけてると、集まりの場でも盛り上がると思います。

会話も弾みそうですね。

もしかしたら一目置かれるかも?!

味を楽しむ前に、知識で喉を潤していきましょう。

もちろんボジョレ通の方も復習の意味で読み進めて下さればと思います。

あ、もちろん読み飛ばしていただいても構いません。(笑)

そもそも「ボジョレヌーボー」とは?

beaujolais-nouveau-2016-2

ボジョレヌーボーとは、フランス・ブルゴーニュ地方の南にあるボジョレーという地区でその年に収穫された「ガメイ種」というぶどうを使って造られたワインを指します。

もともとは、ぶどうの収穫に感謝し、それを祝うと共にその年のぶどうの作柄を確かめる為に作られたと言われています。

ボジョレヌーボーは、1900年代中頃まではボジョレー周辺の地元住民の間で飲まれていた「地酒」だったんですね。

ガメイ種とは?!

先程出てきた「ガメイ種」というのはぶどうの品種のことです。

・果実味たっぷりで、軽く酸味のあるフレッシュな飲み口
・タンニンもきつくないので、渋過ぎない
・明るい赤色になる
・甘いラズベリーや野イチゴの香りがする

といった特徴があります。

渋すぎず、フレッシュでフルーティな味わいで飲みやすく、口当たりがいいこともワインが初めての方にも飲みやすく、好まれる理由だと言われています。

ちなみに世界で生産されているガメイ種のうち、何と60%がボジョレー地方で栽培されているんだとか。

半数以上とは驚きですね。

その年収穫されたぶどうを使用するとお伝えしましたが、もう少し細かくいうと、収穫されてから40~50日で作ったものを「ヌーボー」と呼ぶそうです。

「ヌーボー(nouveau)」のフランス語の意味である「新鮮」「新しい」という意味にうまくマッチしていますね。

そんなフレッシュなワインの象徴であるボジョレーヌーボーですが、その名を冠するには、いくつか条件があります。

その認証はAOC(原産地呼称統制)と呼ばれていて、厳しい条件なんだとか。

では、どういったものなのでしょうか?


Sponsored Links

ボジョレヌーボーとしての条件とは?

beaujolais-nouveau-2016-3

ボジョレーヌーボーとして認められるには

・産地がフランスのブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区であること
・その年に収穫されたぶどうを使用していること
・ぶどうの品種はガメイ種であること
・マセラシオン・カルボニックという発酵法により製造されていること
・アルコール度数が9度以上であること

が条件となります。

やはりこれだけ世界的に認知度も人気もあるワインですから、当然と言えば当然かもしれませんが、厳しい基準で品質を守られているのですね。

ちなみにマセラシオン・カルボニック法というのは、別名炭素ガス浸潤法と呼ばれていて、ぶどうを砕かずに発酵させる製法のことで、ぶどうの重さで自然に滲み出た果汁によって発生する炭素ガスでぶどうを発酵させるんだとか。

それによりボジョレー独特のあの色とフレッシュな味わいが生まれるというわけなんですね。

これがGJewel編集部 2016年のおすすめの銘柄!

beaujolais-nouveau-2016-4

ご存知の方も多いと思いますが、一口にボジョレヌーボーといっても、色んな種類があります。

それが楽しみという方もいらっしゃるでしょうが、ボジョレー初心者の方やお酒に詳しくないという方にとっては迷いの種にもなるようです。

ボジョレーには王道と定番が存在する

さてここからは本題のおススメボジョレーヌーボーの紹介に移りたいと思います。

ボジョレーヌーボーには少し値ははるが味わい深い王道的なものと、手頃な価格でしかも美味しい定番なものとが存在します。

今回は両方とも順に紹介しますので楽しみにしてくださいね!

[Philippe Pacalet]フィリップ・パカレ、ヴァン・ド・プリムール 2016 赤ラベル ( 赤 )

フィリップ・パカレ ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール 2016 フランス 赤ワイン 750ml

自然派ワインの大御所、マルセル・ラピエールの甥であり、自然派ワインの祖と言われる、ジュール・ショヴェ氏最後の弟子でもあるフィリップ・カパレ氏。

もともとは地方屈指のドメーヌ・ルロワ、シャトー・ライヤスでの修行後、その名を広く知られるブリューレ・ロックで醸造長を10年務め上げました。

その実力は自他ともにお墨付き。

そんなワインの申し子と言われるパカレ氏ですが、かのロマネ・コンティ醸造長の座を蹴って、自らのワインをリリースしたという異端児でもあります。

おすすめの理由は、彼のそういった華々しい経歴だけでなく、品質へのあくなきこだわりから生まれた万人に伝わる美味しさ。

特に日本人の趣向によく合うそうです。

あえて「ヌーボー(新酒)」ではなく、「ヴァン・ド・プリムール(一番目のワイン)」と名前をつけているのは、「新酒としてだけでなく他のワインと同じように時間の経過とともに生まれる味わいも楽しんで欲しい」との想いが込められているんだとか。

通常ボジョレーヌーボーは新鮮なうちに飲むのが美味しくいただく秘訣ですが、パカレ氏のワインは、解禁日に飲んでも、しばらく熟成させてから飲んでも美味しいという、二つの顔を併せ持つ極上ワインなのです。

ぶどうの持つエネルギーと共に、パカレ氏のそんなこだわり抜いた想いも沢山詰まってそうですね。

[Lapierre]ラピエール、シャトー・カンボン ボジョレー・ヌーボー 2016 (赤)

マルセル・ラピエール(シャトー・カンボン)・ボジョレー・ヌーヴォー2016

自然派ボジョレーの代表格、故マルセル・ラピエール氏。

先程のフィリップ・パカレ氏の叔父にあたり、パカレ氏のワイン造りに影響を与えた人でもあります。

こよなくボジョレーの地を愛し、手掛けてきた彼の生き方は、他の多くの造り手にも影響を与え、亡くなった後も多くのファンがいるとのこと。

現在は彼の奥様であるマリーさんと息子のマチュー氏が彼の想いと味を受け継ぎつつ、進化させています。

変わらぬ家族愛で紡がれた優しい味わいをどうぞ。

[Mommessin] モメサン 、ボジョレー・ヌーボー 2016 ヴァンタンジュ ( 赤 )

新酒[Mommessin]モメサン、ボジョレー・ヌーボー 2016  キュヴェ・リディ ノンフィルター ( 赤 ) 750ml/航空便

こちらは生産量を限定した特別なヌーボーとして有名です。

そう、収穫日とシリアルナンバー付きのヌーボーなんです。

モメサン社は1865年に設立された老舗。

厳選された畑で、ぶどうが最も熟した最高の日を選んで収穫されるのですが、その収穫日がラベルに記載されているんだとか。

世界に一つだけのあなただけのワインと出会え、飲めるなんて何て幸せなことでしょう。

そんなモメサンの手掛けるワインは凝縮感のある力強く、そして少し複雑な味わいが魅力なんだとか。

特別な一本を手に入れたい方は是非。

ボジョレーヌーボーの代名詞「ジョルジュデュブッフ」シリーズ

昨年も日本中、いや世界中でバカ売れしたボジョレーヌーボーと言えばやはりこのジョルジュデュブッフシリーズでしょう。

ボジョレー解禁の時期になると多くの居酒屋で取り扱われるのもこのシリーズですね!

お店で飲むと1本5000円くらいとられますが、ネットで買うと価格も非常に安いので、2016年も多くの味を飲み比べしてみましょう!

いわずと知れたボジョレーの代表ジョルジュデュブッフです。

ジョルジュ デュブッフは飲食店のボジョレー解禁イベントで出すお店が多いので、総売数でいうと例年ダントツNo.1です。

「ボジョレーにあまり詳しくない」とう人には、このジョルジュデュブッフが最もオススメです。

ジョルジュ デュブッフは、「通常版」「ヴィラージュ」「ヴィラージュセレクションプリュス」「ロゼ」「マコン」の5つがあります。

正直、ジョルジュ デュブッフはどれも美味しいですが、GJewel編集部ではセレクションプリュスが一番人気です。

なお、ボジョレーの代表格であるジョルジュデュブッフをこの際に全部飲みするのも非常にオススメです。

※GJewel昨年の記事より抜粋

【セレクションプリュス】ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2016 750ml
【ヴィラージュ】ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2016 750ml
【通常版】ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー2016 750ml
【ロゼ】ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2016 750ml
【マコン】ジョルジュ デュブッフ ヌーヴォー 2016 750ml

すごく高いけど、世界最高級のボジョレーはこちら!

タイユヴァン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー “ラ・グランド・キュヴェ” 2016 750ml

誰もが一度は飲んで見たい最上級のボジョレーです。

1946年にパリにオープンした「タイユヴァン」という超高級レストレランがありますが、このボジョレーはそこで提供されている最高のお味です!

【商品説明】

「タイユヴァン」はパリの中でも最も予約の難しいレストランの1つとしてすごく有名なところです。
タイユヴァンは料理だけでなく、 ワイン・セレクションが大変素晴らしく、世界的に高い評価を受けています。
パリで最も予約の難しいレストランのひとつとして有名な、重厚さと優雅さを兼ね備えたレストラン「タイユヴァン」が選ぶ、究極のボジョレー。ギフトにおすすめの木箱付き/。平均樹齢約50年のブドウを使用。
ごく自然な栽培と醸造を用いた最上級の新酒。古樹ならではのミネラル感溢れる味わいが魅力的。

毎年、ボジョレーヌーボーはすぐに売り切れますので、早めにネットで予約しておくことをおススメします!

いかがでしたでしょうか?

ボジョレヌーボーはその名の通り、毎年新しいものが生まれていきますが、その中でしっかりと刻まれていく伝統と歴史。

生産者の方の誇りとこだわりを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今年2016年も素敵なボジョレーな時間(とき)をお楽しみください!


Sponsored Links
Return Top