GJewel オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジン

目の下のクマの治し方。女性の悩みを解決するグッズやメイクの仕方も紹介!

目の下のクマの治し方。女性の悩みを解決するグッズやメイクの仕方も紹介!

目元は第一印象を大きく変えるパーツです。

特に目の下のクマは、老けて見えたり疲れて見えるので気になる人も多いです。

寝不足や疲れが原因だと言われますが、実は他にも原因があります。

そして目の下のクマは、タイプによって治し方も違います。

大きく分けると3つのタイプに分かれます。

青クマ、黒クマ、茶クマのタイプ別に、原因と対処法を見ていきましょう。


Sponsored Links

目の下のクマの原因は?

bear-under-eyes2

目の周りの皮膚は他の皮膚と比べ薄い事。

皮膚が薄いため血管が透けて見える事。

が目の下にクマが出来る根本的な原因になります。

それでは3つのタイプ別の原因と治し方を見ていきましょう。

青クマは血行不良が原因。

血行が悪くなっている時に起こりやすいです。

冷え性、疲労、睡眠不足や、女性特有の月経、ホルモンバランスの乱れも原因になります。

目の下の皮膚が薄いため青クマとしてサインが出ますが、体全体的に血行不良になっている可能性がありますので、体のケアも大切です。

黒クマは皮膚のたるみが原因。

皮膚の老化により皮膚がたるむ事で、黒クマが出来ます。

たるんだ皮膚に影が出来て、物理的な影響で黒く見えます。

皮膚を伸ばしたり、上を向くと目立たなくなるのが黒クマです。

茶クマは色素沈着が原因。

古い角質が溜まる事で茶クマが出来ます。

目をこすったり、新陳代謝の低下や化粧かぶれ、アトピーの方にも茶クマが出来やすいです。

皮膚自体の色が変わっているので、どの向きで見てもクマの濃さが変わらないです。


Sponsored Links

クマのタイプ別の治し方とグッズ紹介。

bear-under-eyes3

一般的なのは青クマですが、黒クマと茶クマも誰でも出来てしまう事が分かりました。

出来ないように気を付ける事も大切ですが、出来てしまったクマを治す方法を紹介します。

即効性がある青クマの治し方!

青クマは血行不良が原因。

実は、青クマは即効性がある治し方があります。

目の周りを直接温める。

蒸しタオルで温めたり、ドラッグストア等で売っているホットアイマスクなどで目の周りを直接温めれば効果的。

手でマッサージをしたりツボ押しをするのも良いですが、やり過ぎると茶クマの原因になってしまうので注意が必要です。

マッサージを行う際は、オイルやクリームを使って皮膚を摩擦しないように、軽く行って下さい。

青クマをカバーする化粧の仕方。

青クマをメイクでカバーしたい場合は、コンシーラー、ファンデーションなどのベースメイクはピンク系を選びましょう。

青クマの青をピンクが目立ちにくくしてくれます。

食べ物ではビタミンEを補給しよう。

ビタミンEは末梢血管を広げて血行を良くしてくれます。

アーモンドなどのナッツ系やアボガドなどにも多く含まれます。

黒クマはじっくり治す!

黒クマの一番の原因は老化です。

老化によって肌の弾力が衰えてきて、たるみやシワの物理的な影が黒クマになっていることが分かりました。

肌のアンチエイジングをする。

老化を進行させる紫外線は、徹底的にカットするように曇りの日や少しの時間でも外出する時は日焼け止めを塗るようにしましょう。

顔の筋力が衰えると、たるみとシワの原因になるので顔の筋トレを意識しましょう。

よく笑ったり、大きな口を開けて話をする事も顔の筋トレになります。

急に激しい顔のトレーニングは、表情ジワが作られてしまうので注意が必要です。

黒クマをカバーする化粧の仕方。

黒クマをメイクでカバーするには、ベースメイクの色はオレンジ系を使いましょう。

ただしコンシーラーなどで厚塗りをしてしまうと影が濃く出てしまうので、目元は薄くすることが大切です。

パールが入ったハイライトを使って、光で黒い影を飛ばす方法がお勧めです。

食べ物ではコラーゲンを補給。

たるみやシワが出てきたのは、肌のコラーゲンが不足してきたか弱ってきたサインです。

コラーゲンが豊富に含まれる食品は毎日取りにくい物が多いので、サプリメントなどで補給するのもお勧めです。

茶クマは生活習慣から見直す!

茶クマは古い角質が溜まる事が原因です。

茶クマを治すには、生活習慣や肌のお手入れを見直すことが大切です。

目の周りをこするのをやめる。

自分ではこすっている自覚がない方でも、無意識に目の周りをこすってしまっている人もいます。

コンタクトレンズをしている人も注意してください。

コンタクトレンズを装着、脱着する時に目の周りの皮膚をギュッと引っ張る事。

たいしたことない動作でも、毎日繰り返すとやはり肌にはダメージになっていきます。

伸びが悪い基礎化粧品や、落ちにくいメイクやメイク落としを使っていると、どうしても皮膚をこする事につながりますので、こすらなくても済む化粧品にする事をお勧めします。

茶クマをカバーする化粧の仕方。

茶クマをメイクでカバーするには、ベースメイクは黄色系を選んで下さい。

黄色のベースメイクは、茶クマを自然に明るくカバーできます。

コンシーラーを使う場合はベージュ系を使ってください。

食べ物はビタミンCを補給。

肌の新陳代謝を高めるために必要な栄養素は沢山ありますが、主にはビタミンC。

ビタミンCは補給しやすいビタミンですが、熱に弱く調理の仕方によっては効率的に補給出来ません。

ストレスなどでもビタミンが余分に消費されてしまって、ビタミン不足になる事もあります。

女性を悩ます目の下のクマを改善!

bear-under-eyes4

目の下のクマは大きく分けて3つのタイプがある事が分かりました。

クマが出来た時は、まずはどのタイプか調べるようにしてください。

青クマ:すぐに改善する方法はあるけど、体の血行が悪くなっているので体をいたわってあげて下さい。

黒クマ:目元の皮膚が老化している原因を改善して、アンチエイジングを心掛けて下さい。

茶クマ:日々の習慣で原因となっている事を見つけて、見直して下さい。

すぐに治らないクマだったら、メイクでカバーしつつ根本的な改善も心掛けて下さい。

クマがない魅力的な目元で、第一印象をアップしちゃいましょう。


Sponsored Links
Return Top